19歳でお金借りるということ

日本においては、20歳以上が成人とされていて、自分の判断でさまざまな行動を取ることができるようになります。

したがって、19歳以下の未成年者は、あらゆる場面で行動の制約を受けたりするものです。

ただ、19歳であれば、未成年者とはいっても成人とほとんど変わらない判断能力があります。たいていのことは、自由に行うことが認められています。

お金を借りる時は慎重に

たとえば、お金借りるということがあります。

民法などの法律的な分野では、金銭消費貸借契約という呼ばれ方をしていますが、堅苦しく考えなくても、お金借りるということは日常的に行っていたりするものです。

少額の貸し借りであれば、友達同士でも気軽にしている人は珍しくありません。ただ、お金借りるということについて、真剣に考えなければならない場合もあるので、注意しなければなりません。

金融機関でお金を借りる場合に注意すべきこと

真剣に考える場合というのは、銀行などの金融機関のキャッシングを利用してお金借りる場合です。これは、友達同士での貸し借りとは全く次元が異なるもので、法律的な義務を伴うものです。

金融機関でお金借りるという行動に出た場合、19歳の未成年者だからといって、義務が軽減されるということはありません。しっかりと返済していかなければならないのです。

お金を借りるには厳しい審査がある

基本的に、銀行ではキャッシングの申し込みがあると、厳しい審査を行っています。

19歳という年齢では、社会的な信用が極めて低く、安定した収入を持っていないのが普通です。そのため、銀行の審査を通過することができません。

したがって、19歳の未成年者が金融機関を利用するとなると、必然的に消費者金融ということになってきます。

消費者金融なら借りることができる場合がある

消費者金融で行われる審査は、銀行よりも緩やかなケースが大半なので、未成年者であっても借り入れることが認められることがあります。しかし、銀行よりも高い金利を支払わなければならないため、返済に苦労することが多いです。

消費者金融でお金借りるということは、極めて厳しい義務を伴うことを認識する必要があります。19歳だからといって、取り立てを甘くしてもらえることはないのです。

CMなどもやっている大手消費者金融のその日に審査結果がわかるキャッシングが即日可能な会社はこちら

きちんと返済できないと大変なことに

返済していくことが可能であるか、きちんと考えて、シミュレーションを行っておくことが大切です。

返済が滞ってしまうと、消費者金融からの信用を一気に失ってしまうことになり、厳しい督促・取り立てが行われます。生活にも支障が出るようになり、家族にも多大な迷惑をかけることになるのです。

返済義務は、19歳だろうと20歳だろうと変わりません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ