20歳になってからお金借りる

お金の貸し借りというのは、子どものうちから経験している人も多いです。友達同士でも、ちょっとした貸し借りは付きものです。

しかし、友達同士・家族同士などの親しい間柄のやり取りと同じ感覚で、金融機関から借り入れようとする人もいるため、気をつけなければなりません。

金融機関でお金借りるということは、気軽なやり取りではないのです。法律的にも返済する義務を課せられ、義務を果たすことができなければ厳しいペナルティーが待っています。

20歳になれば自由に契約を結べる

一般的に、お金借りる場というのは、銀行などが思い浮かびます。

日本では、20歳以上が成人だとされていますから、20歳になれば自由に契約を結んだりすることができます。銀行などからお金借りるということも、20歳以上であれば自由に行うことができるのです。

ただ、銀行でキャッシングの申し込みをすると、厳しい基準で審査が行われます。この審査は、借り入れようとする人の年齢、所得、収入などを総合的に判断するものです。

20歳の人というのは、成人として権利が認められるようになったとはいえ、社会的な信用は極めて低い状態です。銀行の審査には通らないのが普通です。

したがって、20歳になったばかりの人がお金借りる場というのは、消費者金融であることが一般的です。

消費者金融でお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金借りると、銀行でお金借りる場合よりも返済が困難になることを覚悟しなければなりません。

消費者金融では、銀行よりも緩い基準でキャッシングの審査を行います。そのため、社会的な信用が低めの20歳でも、お金借りることが認められる場合があります。

しかし、基準が緩やかな反面、金利の利率は非常に高いのです。したがって、真剣に返済プランを立てて、シミュレーションをしておかないと、思うように返済していくことができなくなります。

20歳になったばかりでは、仕事をしていたとしても、あまり高い収入は得られないものです。一度返済が滞ってしまうと、返済をするアテが無くなってしまいます。

お金を借りる時は必要最低限にしよう

お金借りるということには、厳しい義務があるということを認識し、必要以上の金額を借り入れないことが大切です。どのような目的で、どのくらいの金額が必要なのかを、お金借りる前に明確にしておかなければなりません。

消費者金融のスタッフの言うままに行動すると、多く借り入れてしまう虞があります。しっかりと自分の意思を持って、自分の判断で行動するようにしなければなりません。お金借りるということは非常に厄介なことでもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ