お金借りる場合は年齢が肝心

普通に生活している中では、あまり自分の年齢について意識していない場合が多いです。

もちろん、成人している場合であれば、年齢のことを気にしなくても問題ないのが普通です。年齢のことを考えなければならないのは、未成年者の場合です。19歳以下の人は、さまざまな場面で行動に制約が課せられています。

たとえば、お金借りるという行動を取る場合など、19歳以下の人と、20歳以上の人とでは、取り扱いが異なってくることがあります。

お金借りるということは、民法上、金銭消費貸借契約という契約類型に分類されています。民法上、成人の行為と未成年者の行為とで、考え方が変わってくるものです。

お金を借りるためには審査に通過しなくてはならない

一般的に、お金借りる場合には、銀行などの金融機関に行くことになります。ただ、銀行におけるキャッシングの審査というのは、非常に厳しい基準が採用されています。

正規雇用で働いている人など、安定した収入を持っている人であれば、銀行でお金借りることが可能ですが、非正規雇用の人など、安定した収入を持っていない人は、なかなか貸してもらえないのです。

審査の際は、収入の他に、年齢についても考慮されます。年齢が低い人は、それだけ社会的な信用が低いため、審査に通過しづらいのです。

銀行の審査よりも緩やかな審査でお金が借りられる場合がある

年齢が低い人、安定した収入を持っていない人がお金借りるためには、消費者金融に行く必要があります。消費者金融では、銀行よりも緩やかな基準でキャッシングの審査を行っているのです。

ただし、消費者金融は、緩やかな審査で貸し出してくれる反面、銀行よりも高い金利の支払いが必要になります。

お金を借りる時はきちんと返済を

お金借りる場合は、元本だけでなく、利息についても支払っていくことができるかを考えなければなりません。返済が滞るようになると、借り入れた消費者金融の信頼を失います。そして、督促を受けたり、取り立てが行われたりするようになります。

消費者金融の取り立てを受けている状態は、周囲の人からも良い印象を与えません。身近な人々からの信頼も失うようになってしまいます。

お金借りる前に、しっかりと返済シミュレーションを行って、どのように返済していくかを考えておくことが大切です。

よくあるのがクレジットカードが払えないために消費者金融で借り入れて、クレジットカードの支払いは遅れることなくすみましたが、結局消費者金融で借りたお金が返せないなんてこともあり得ます。その場しのぎだけではなく、計画的にお金を借りることは必要です。

返済の義務に年齢は関係ない

お金借りるという行動を取った以上、年齢にかかわらず、返済していく義務は同じなのです。若いから義務が軽くなる、などということはありません。

お金借りるということは、非常に重い義務を背負っていかなければならない、ということを意識しておかなければならないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ